投資信託を買うならコレ!オススメ4選!

投資雑記
じんべー
じんべー

こんにちは!じんべーです。

これまでに株式投資の本を50冊以上読んで、投資を実践中です!

たま
たま

とりあえずインデックス投資を始めてみようと思うニャ

じんべー
じんべー

いいねー!インデックス投資なら長期的に見れば資産を増やせるね!

たま
たま

でも投資先の種類が多過ぎて何が良いのかさっぱりニャ

じんべー
じんべー

たしかにインデックス投資がオススメって言ってきたけど、いっぱいありすぎて最初は何が良いかは分からないよねー

こんな思いをしている方も多いのではないでしょうか?

まだ証券口座をお持ちでない方は、私がオススメするSBI証券の口座開設手順を記事にしてますので参考にしてみてください

またインデックス投資って何?って方はこちらの記事で解説してますので、もし良ければ読んでみてください!

結論としては、自分が将来世界がどんな変化をしていくと考えるかで投資信託の選び方は分かれます

オススメの投資信託は4つあります!

なるべくシンプルに考えるためにも、選び方としては、以下の3つから考えるのがオススメです!

  • 将来のことは分からないからなるべく特定の国、産業への偏りを減らして分散させたい!→全世界
  • アメリカの経済が最強!この先も変わらない!→S&P500全米
  • ハイテクがもっと発展していく!→NASDAQ100

3択で考えれるなら選びやすくなるんじゃないでしょうか?

どの投資信託が良いかは個々のリスク許容度や周りの環境で変わりますので、一概にこれ!とは言えませ

それぞれについて、具体的な商品も紹介しながら解説していきますので、自分に合う投資信託を考えてみましょう!

分散といえば全世界株!

オススメは三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)です!

資産推移を見ていきましょう

上の図は横が時間、縦が資産額になります

2009年に10000ドルを投資した場合、2022年2月現在の最終評価額が40209ドルとなってます

全世界株の特徴は国もセクター(業種)も最大限分散が効いているということです

これは三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の目論見書からの引用です

アメリカの60パーセントを中心に先進国で88%を占め、中国等の新興国も12%入っています

さらにこの割合は今後の業績次第でリバランス(商品の入れ替え)されていくので、業績が悪くなった国の比率は低くなっていき、業績が良くなったら比率が高くなってきます

じんべー
じんべー

簡単に言うと、世界の産業が発展する限り、株価が伸びるっていうのが全世界株の特徴だね!

たま
たま

なるほど!それは安定感がありそうニャ

じんべー
じんべー

そう!だから初心者の方から、上級者の方まで幅広く愛されている投資先なんだ!

あえてデメリットを挙げるとすると、業績が伸びてない国やセクターも幅広く含まれているので、後に出てくるS&P500やNASDAQ100と比べるとリターンが少ないといったところですね

幅広く分散投資をしてなるべくリスクを抑えて投資をしたい方にはオススメです!

アメリカに投資!S&P500と全米株

オススメは、

  • SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

この2つです!

SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンドはSBI証券でしか買えないのでその点は注意してください

資産推移を見ていきましょう

2009年に10000ドルを投資した場合、2022年2月現在の最終評価額が62174ドルとなってます

S&P500の特徴は国はアメリカに絞って、その中で上位500社に投資するという点です

こちらが上位10社の組入銘柄で全体の約30%を占めます

全てのセクターをカバーしていて、今はハイテク銘柄が業績が良いんですが、その流れが変わっても勝手にリバランスしてくれるので安心ですね

さらに手広く投資するなら全米株

似たような値動きですが、アメリカの約4000社を丸ごと投資する文字通り「中小企業も含めた全米を買う」商品もあります

  • SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド
  • 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド

この2つがオススメです!

資産推移を見てみましょう

2009年に10000ドルを投資した場合、2022年2月現在の最終評価額が63304ドルとなってます

見ての通り、先程のS&P500とさほど変わりがないので、お好みで決めれば良いかなと思います

たま
たま

ところで、アメリカがなんでオススメなんだニャ?

さっきの世界株もアメリカだけめちゃくちゃ多かったニャ

じんべー
じんべー

良いところに気が付いたねー!

アメリカにはオススメなポイントがいっぱいあるんだ!

  • 株価が右肩上がりに上がっている
  • 人口が今後も増加傾向で消費が増える見込みがある
  • 全世界で企業の時価総額ランキングの上位はほとんどアメリカ
  • グローバルに活躍する企業が多い
  • 世界中からエリートが集まる
  • 世界通貨の中心は米ドル   等々
たま
たま

なるほど!これは簡単には崩れそうにないニャ

じんべー
じんべー

そうだね!今後も右肩上がりに成長する可能性が高いから長期投資と相性が良いんだ!

デメリットはやはりアメリカが何らかの理由で他国より衰退していくと影響が大きいことですね

でも現時点ではなかなか20~30年以内でそんなことが起きるとは考えづらいかなって思います

時代はハイテク!ハイリターンを目指すならNASDAQ100

オススメは三菱UFJ国際-eMAXIS NASDAQ100インデックスです

では資産推移を見ていきます

2009年に10000ドルを投資した場合、2022年2月現在の最終評価額が131587ドルとなってます

たま
たま

す、すんごい増えてるニャ

じんべー
じんべー

この10年間はハイテク企業が業績が良くてすごい成長だったんだ!

NASDAQ100の特徴はIT関連企業等のハイテクセクターが多く含まれていて、金融セクターが入っていないNASDAQの時価総額上位100社ということです

こちらが上位10社の組入銘柄になります

上位はS&P500の企業と似たような企業が並びますが、比率がこの10社で52、1%とだいぶ高くなってます

現在の私達の生活にハイテクの商品やサービスは根強く結び付いてますよね

ちょっと例を挙げると、

  • 携帯電話はスマホ
  • 本は電子書籍
  • Amazonや楽天等でのネットショッピング
  • YouTube等の動画視聴
  • Netflix等のサブスクリプション
  • 旅行やお店のサービスを受けるためのネット予約
  • 車の自動運転

皆さんはこれらを一切使用せずに生活なんて、なかなか出来ないのではないでしょうか?

携帯電話に関して言えば、私はやっと折りたたみのガラケーが出たくらいで携帯電話デビューしたので、時代が変わったのをすごく感じます笑

今こういったハイテク産業が急速に発展していて、今後もハイテクが成長していくと考えるなら、NASDAQ100へ投資が効率良いです!

デメリットとしては、100社への分散投資という点で、全世界株やS&P500、全米株に比べて分散が少ないという点です

分散が少ないことで、下がるときも上がるときも大きな値動きになる可能性が高いです

比較的リスク許容度の高い方にはオススメです!

オマケ!NASDAQ100を信じてリターンを求めてレバレッジ2倍のレバナス

最後に私の投資している大和−iFreeレバレッジ NASDAQ100(通称レバナス)も紹介しておきます!

これは先程のNASDAQ100の日々の値動きに2倍のレバレッジが効いている商品になります

資産推移を見てみましょう

2009年に10000ドルを投資した場合、2022年2月現在の最終評価額が802897ドルとなってます

たま
たま

え?2倍って言ったのに、さっきの2倍じゃないニャ

じんべー
じんべー

2倍なのは「日々の値動き」だから複利効果もすごいことになるんだ!

複利効果というのがよく分からない方はこちらの記事で詳しく書いてますので、良ければ読んでみてください!

圧倒的なリターンですが、当然下がる時にも同じくらいすごい勢いで下がります

この部分が初心者にオススメ!とは言えない点です

このことをしっかり理解した上でリスク許容度がある方にはイチオシの投資信託です!

私がレバナスに投資する理由は

  • 大前提で長期的に右肩上がりの指数
  • テクノロジーの進化を信じている
  • 100社ではあるけど、ちゃんとリバランスされていく
  • 過去の実績でITバブル崩壊やリーマンショックやコロナショック全て乗り越えている
  • 余剰資金で投資しているので長期的に売却しない。高いリターンを求めたい

他にも色々ありますが、主にこの辺りです

興味がある方は、こちらの記事でもう少し詳しく書いてありますので、ぜひ読んでみてください

けして万人にオススメはしませんが、私はこの投資信託とSOXLというETFに投資してますし、今後も続けていく予定です

まとめ

では今回の内容をまとめます

私がオススメする投資信託は

  • なるべく特定の国、産業への偏りを減らして分散させたい!→全世界
  • アメリカの経済が最強!この先も変わらない!→S&P500全米
  • ハイテクがもっと発展していく!→NASDAQ100

となります

さらに具体的な商品で選ぶと

  • 全世界」なら三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • S&P500」ならSBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンドか三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • 全米」ならSBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンドや楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • NASDAQ100」なら三菱UFJ国際-eMAXIS NASDAQ100インデックス

となります

今回オススメした具体的な商品はなるべくコストの低い商品を選んでいます

リターンは一緒なのに手数料が高かったら損ですからね!

何に投資しようか迷っている方の一助になれば幸いです!

では現在の資産を見ていきましょう

現在ロシア、ウクライナの戦争によって、株価が不安定な状態が続いていますね

戦争が続いていますが、少しでも早く終結して犠牲者の方がなるべく出ないことを祈るばかりです

最後にスポンサーリンクをクリックしていただけると励みになりますので、もし良ければ1クリックしていただけると嬉しいです

皆さんに支払いが発生したり、何かに登録されたりといった、不利益が発生することは一切ありませんのでご安心ください

ではまた次回もよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました